春夏秋冬ある日の日記 

季節祭・催事・日々の出来事・話題やお役立ち情報・雑感などをつづっています。


スポンサーリンク

米アップルは9日、新製品の腕時計型端末「アップルウオッチ」を4月24日に日米中など9カ国で発売

■米アップルは9日、新製品の腕時計型端末「アップルウオッチ」を4月24日に日米中など9カ国で発売すると発表した。4月10日から予約を受け付ける。同社が新分野に製品を投入するのは、2010年のタブレット型端末「iPad」(アイパッド)以来5年ぶり。カリスマ経営者だったスティーブ・ジョブズ氏の死後も、革新的な製品を出し続けられるか注目されていた。

 三つのモデルがあり、それぞれに大小二つの画面の大きさがある。最も安いモデルの「スポーツ」が4万2800円(税別)からで、最も高いモデルの「エディション」は128万円(同)から。ベルトは交換することができる。一番軽い「スポーツ」モデルのベルト抜きの重さは25グラム。

 歩数や心拍数など健康管理の機能のほか、電話やメールもできる。音声認識の機能を使っての文字入力や、返事を録音して送信することも可能だ。

 決済システムの「アップルペイ」を使い、時計をかざすだけでのクレジットカードの支払いや、ホテルの部屋の鍵を開けたり、飛行機のチケットを表示させたりもできる。

 さらに、フェイスブックツイッターなどの通知や投稿を見たり、タクシー配車サービス「ウーバー」でタクシーを呼んだりすることも可能。アプリが増えるにつれて利用方法は広がる見込み。懸案とみられていた電池の持ち時間は18時間だ。


 日本での価格(税別)は、アルミ製の「スポーツタイプ」が最も安く4万2800円から、ステンレス製の「標準タイプ」は6万6800円から、本体に18金を使用した最上位モデルが128万〜218万円。ファッション性とブランド力を前面に打ち出し、先行他社より高い値付けにした。

 画面の大きさは、縦の長さが3.8センチと4.2センチの2種類。小さくても扱いやすいよう、画面へのタッチのほか、側面につけた竜頭のようなボタンでも操作できるようにした。標準的な使い方なら、1回の充電で最大18時間電池がもつという。

 アップルウオッチは電話やメールのやり取り、音楽鑑賞などの基本機能のほか、数千のアプリを利用可能だ。

 音声での道案内、内蔵の心拍センサーを使った運動量や消費カロリーの計測などもできるとしている。

 ノートパソコン「マックブック」の最新モデルも発表した。これまでで最も薄い13・1ミリ、重さ920グラム。キーボードの安定性を高め、電池の持ちをよくした。14万8800円(税別)から。