春夏秋冬ある日の日記 

季節祭・催事・日々の出来事・話題やお役立ち情報・雑感などをつづっています。


スポンサーリンク

このタイミングで、決して男性に言ってはダメな発言 5連発

破壊力抜群すぎるから!メンズに言ってはダメな発言5連発


 普通に楽しく話していただけなのに、「あれ?急に空気変わった?」といった状況に出くわしたことはありませんか?


「ここで・このタイミングで、決して男性に言ってはダメな発言」を、ビシッとインプットしておこうではありませんか。

今回はそんな男性への禁句を5連発お送りいたします。

1.悩みを話し出した男性に…

もしも男性が、自分の悩みについて語り出したとき、なんとか彼をなぐさめようと必死になるあまり、以下の言葉を発してしまわないよう気をつけましょう。

『そんな小さいことで悩む必要はないよ!』

たとえ、女性がそれを優しい表情で言ったとしても、その男性には「小さい」という言葉しか残らない可能性があります。その悩みから視線がそれるように「小さい悩み」と言ったにもかかわらず、勝手に相手の脳が「そんな小さなことで悩む小さいオトコ」という解釈に湾曲してしまう危険があります。男性が人に悩みを伝えるということは、それ相当の「重さ」を感じているはずなので、まずは最初に「辛いよね…」と、共感から入りましょう。

2.「髪の毛切ったんだ」と言う男性に…

女性なら誰でも、ヘアスタイルを変えたら気づいて欲しいものですよね。しかし、男性の場合は「まったく気にしない派」と、「言ってもらえると嬉しい派」がいるようです。そして、もしも自分から「髪の毛切ったんだ」などと言ってきたならば、気づいて欲しかったという証拠。そんな男性に、思わず以下の言葉を発してしまわないよう気をつけましょう。

『へ?ぜんぜん気付かなかった』

男性も女性も、誰しも心の奥底には、自分の存在感を高めたいと思っています。それは、他者にとって自分がかけがえのない存在であるという意識。なおさら、男性はそれをより女性に求めます。それゆえに“気付かなかった”はタブーです。そんなときは、「あ!そういえば、スッキリしたね!だから、なんかいつもと違っていたんだ~」と伝えましょう。これは、失言をしてしまった後でも活用できます。

3.ご馳走しようとしてくれる男性に…

もしも、その時点で女性の方が男性よりも何かしら収入があるにしても、せっかくご馳走しようとしてくれる男性にこのようなことを言ってはいけません。それは、たとえ相手に金銭的な負担をかけたくないという優しい気持ちだとしても!です。

『いいよ、お金ないのに無理しないで』

無理して欲しくないという優しさから出てしまう言葉かもしれませんが、好意を無下にすることは如何なる場合もタブーです。しかも“お金ない”というような男性のプライドを傷つける表現も絶対ダメ。女性が素直に「ありがとう!ごちそうさま!」と思いっきり喜ぶ方が、男性の活力をグンと高められ良い方向に向かうはずです。

4.難しいことを説明してくれた男性に…

政治や経済、文学的なこと、科学的なこと、学問のことなど、何にしても、ちょっぴり難しいことを一生懸命説明してくれた男性に対して、以下の発言はいけません。

『ごめん、何言っているのか、さっぱりわからない』

もしも、その言葉の意味が「自分の理解力が低くて、わからない」という意味だとしても、まるで「説明が悪い」と言っているように聞こえてしまいます。こんなときは、「ごめん、難しい専門用語についていけないみたい。もう少し、優しい言葉で教えてもらえたら嬉しいな」というニュアンスで伝えましょう。男性も頼られて悪い気はしないはずです。

5.クイズ番組を一緒に観ているときに…

もしも、家でまったりとクイズ番組などを観ていて、女性の解答が正解であった場合、男性が「すごいな、よく解けたなあ」などと感心した際の、以下のような発言はいけません。

『え?ぜんぜん大した問題じゃないし』

自分は謙遜のつもりで言ったとしても、まるで相手に「大したことない問題を解けなかった人」と言っているようなものです。そういうときは「へへ!まぐれだよ」とか「たまたま、これ知ってたんだ!」という具合に応えましょう。