読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春夏秋冬ある日の日記 

季節祭・催事・日々の出来事・話題やお役立ち情報・雑感などをつづっています。


スポンサーリンク

ハナエ モリ 2015-16年秋冬コレクション 渋谷ヒカリエで発表

2015年3月20日(金)、ハナエ モリ デザイン バイ ユウ アマツ(HANAE MORI Desingned by Yu Amatsu)の2015-16年秋冬コレクションが、東京・渋谷ヒカリエで発表された。

刺激的な街ニューヨーク、その一角に穏やかに佇むハイ ライン(High Line)。

かつて貨物列車が通っていた線路は、草花が植えられ空中遊歩道となり、忙しいニューヨーカたちの生活を支えている。建造物と植物が共存したモダンな空間を着想源に、天津憂が今シーズンを描く。

多種多様なカルチャーが混在するニューヨークのように、今季は相反するものの混同がキー。

硬いものは柔らかく、直線的なものには丸みを与えていく。ストライプやラインを重ねた模様は、コクーンシルエットのワンピースやフレアスカートに採り入れられた。

またマキシワンピースは、縦のラインを意識した大胆なスリットを配している。しかし、歩くたびに帯状の生地が左右に揺れ動くことで、柔らかな空気が生まれる。

融合という思考は、素材へのアプローチでも継続。コレクションを通して、何度も登場したレースは、ウールで挟み込むことで、あたたかみと繊細さ、儚さが1つに。アイコニックな蝶モチーフを取り入れているのもポイントだろう。ハードなイメージのライダースジャケットに採り入れることで、上品なアイテムにアップデート。

遊び心のある装飾は、ワードローブに個性を与えていく。バックスタイルにあしらわれた、ベルトのような太いラインや羽のようなフリル。アシンメトリーにフリルを用いて、ヘムラインには多彩な表情を持たせて。またサテンやファー、レースなど、部分的に異素材を取り入れているアイテムも揃った。


その遊びを活かすのは、厳選されたカラーパレット。序盤はコンクリートをイメージしたグレーなど重厚感のあるもので、都会を表現していた。後半にかけて、蛍光色を取り入れ、スピード感を加えていく。花々のように鮮やかなイエロー、オレンジ、パープル、ライトブルーは、単色で採り入れることで、ディテールを効果的に見せていた。

ハナエ モリ デザイン バイ ユウ アマツのセカンドシーズンは、自立した女性たちへ捧げたものだそう。過去のアーカイブを見るのは、制作前だけ。しかし途中で森英恵とミーティングを重ね、1つのショーを創り上げていくという。