春夏秋冬ある日の日記 

季節祭・催事・日々の出来事・話題やお役立ち情報・雑感などをつづっています。


スポンサーリンク

百歳の長岡三重子さん短水路の自由形で世界初の千五百m完泳「苦は楽のため」

百歳女性、世界初の千五百m完泳 短水路自由形


 100歳の現役スイマー、長岡三重子さん=山口県田布施町=が4日、松山市で開かれた日本マスターズ水泳短水路(25メートルプール)大会の女子1500メートル自由形に出場し、100~104歳の部で世界初の完泳を果たした。ゴールの後「やれやれです。寿命があれば105歳まで泳ぎたい」と笑顔を見せた。

 記録は1時間15分54秒39。日本マスターズ水泳協会によると、今後、国際水泳連盟(FINA)に申請し、正式な世界記録と認定される。長岡さんの持つ世界記録は25種目となる。マスターズ水泳は、年齢層ごとに順位を競い、健康増進や他の選手との交流も重視。

★長岡三重子(ながおかえみこ)

1914年(大正3年)生まれ
山口県周南市出身
 徳山女学校卒
 座右の銘は「為せば成る」
1938年、山口県田布施町の長岡家に嫁ぐ
1968年、夫の没後、53歳で卸問屋を継ぎ、約40年間暖簾を守り続ける
80歳の時に膝を痛め、リハビリのために水泳を始める
現在26種目で世界記録を保持している

長岡三重子さんが水泳を始めたキッカケは、リハビリでした。

長岡三重子さんの夫は長岡さんが53歳の時に病気で他界しました。

長岡三重子さんは、80歳で水泳を習い始めて、背泳ぎで25メートル泳げるようになるまで1年かかっています。
 最初から水泳の才能があったわけではありません。

85歳でマスターズ水泳大会で日本新記録を樹立
87歳から世界大会に出場(2年に1度)
89歳で、銀メダル3個獲得

長岡三重子さんの凄いところは、ココからで「銀メダルじゃ悔しい、 金メダルを取りたい」と、90歳からコーチを付けて個人指導を受るようになります。

そして、自己流の泳ぎを直した長岡三重子さんは、94歳、200メートル背泳ぎで自身初となる世界記録を樹立しました。

ここからは、長岡三重子さんの自信の記録との戦いで、大会出場の度、記録を更新してきました。

直近では、2014年の報知マスターズスイミング長水路大会で、100歳区分女子100メートル背泳ぎで3分39秒81で自身の世界記録を更新しています!

長岡三重子さんは、日常の掃除などを自分で行い、好きなモノを好きなだけ食べることが健康の秘訣だと語っています。

専門家によると「年をとってもタンパク質を摂っていることが、健康で長生きする秘訣だ」と指摘しています。

あるインタビューでもこう語っています。


「目標がある事が大事」
 「苦は楽のため。つらいのは良い薬。
 楽ばかりしていると、ろくなことはない」
 「幸福感があるから長生きできる。達成する場面を持つといい」

現在でも、「自身の持つ世界記録の更新」を目標に、現在も1日3時間の練習を週に3回もこなしているのだそうです。

長岡三重子さん水泳の区分は100歳~104歳の区分になります。
この区分で記録をのこしている女性スイマーは世界にもほとんどいないため、世界記録の可能性も高いと思います。

長岡三重子さんは 山口県柳井市にある「柳井スイミングスクール」で練習しています。