読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春夏秋冬ある日の日記 

季節祭・催事・日々の出来事・話題やお役立ち情報・雑感などをつづっています。


スポンサーリンク

彼氏が嘘をつくときの7大シグナルとは

心理学に基づいた【嘘つきを見抜くシグナル7つ】をご紹介します。

◆ウソを見抜くためには?

「彼の返事が怪しい」「何か隠している気がする」そんな風に感じることってありますよね。

女の感はスルドイなんていいますが、それはただ単に直感ではなく、何か思い当たるふしがあるから。でもどうしたらウソかどうか見抜くことができるのでしょうか? 

嘘つきを見抜くためには、体やしぐさを見ることが大切。ウソを隠そうとして表情や会話の内容には注意を払いますが、首から下は意識が届かずにおろそかになってしまうことが多いよう。

ウソをつくときに「うしろめたい」と感じると、足、手、顔の順にサインがあらわれてしまうのです。早速、嘘つきサインをチェックしてみましょう!

1.「うん」「まあ」返事が短くなる

ウソをついているとき、その話題を早く切り上げたいという気持ちから「うん」「そう」など、短い返事で答えがち。詮索されないように、短めの返事でその場を逃れようとします。さっさとその話は済ませたいという気持ちの表れです。

2.不自然に髪・口・鼻などをさわる

ウソを隠すために、話をしながら不自然に顔のパーツを触ってしまう。これも嘘つきサインのひとつ。ウソをついている口や表情を見せたくない、落ち着かない。そんな気持ちから、頻繁に顔付近に手を持っていってしまうのだそう。

3.腕を組んでいる

気持ちを読まれないように、本音がバレないように。腕組をする人は、自分の心が相手に知られたくないと考えているのだそう。また手をポケットに入れて隠す行為もウソを隠すサイン。動揺して落ち着かない気持ちを隠そうとしています。

4.目を見つめるとそらす

会話をしながら、彼の目をじっと見てみましょう。ウソをついていたら、後ろめたい気持ちを隠すために、パッと目をそらしてしまうといわれています。逆に女性がウソをついているときには、普段よりも相手と視線を合わせようとする傾向があることがわかっています。

5.早口、饒舌になる

ウソを隠すために、なぜか早口になったり、ペラペラと話題を変えることも。いつもより早口で話出したら、ウソを隠そうとしているサインです。ボロがでないように必死になっている証拠です。

6.もじもじする、足が動いている

話をしながら、足を見てみましょう。もじもじと動かしていたり、落ち着かない様子だったらウソをついている可能性が高いといわれています。足をやたらと組み替えたり、姿勢を変えるのも嘘つきサインです。

7.無表情になる

話をしているのに、なぜか無表情。これは相手に感情を読まれたくないというサインです。いつもとは違い、無表情で「うん、うん」。淡々と返事をしたらウソを隠そうとしているサインかも!いつもより口数が少なくなることも。

◆ウソもときには必要?

上記のサインに当てはまったからといって、彼をすぐに責めないで!ちょっとしたウソは円滑なコミュニケーションや彼女のためについていることだってあります。

例えば、自分の好みじゃないプレゼントをもらって「これ嫌い」といわれたらショックですよね。気を悪くさせないためにウソをついている可能性もあります。

◆相手の言葉の真意を確かめて

他の女の子との連絡を見て「誰?」と聞いたら「なんでもないよ」と答えた。そんなときは彼を信じていいのかどうか迷ってしまいますよね。

彼の言葉が本心かどうか見抜くためには、しぐさをチェックしてみましょう!嘘つきサインがいくつも当てはまったら、本心なのかしっかりと相手を見極めることも大切ですね。