春夏秋冬ある日の日記 

季節祭・催事・日々の出来事・話題やお役立ち情報・雑感などをつづっています。


スポンサーリンク

宝塚音楽学校で18日、103期生40人の入学式 「清く正しく美しく」

タカラジェンヌめざし入学式 宝塚音楽学校

 タカラジェンヌを育てる宝塚音楽学校兵庫県宝塚市)で18日、103期生40人の入学式があった。競争率26・6倍の難関を突破した新入生たちは憧れのグレーの制服に身を包み、晴れやかな笑顔を見せた。

 新入生たちは、1人ずつ名前を呼ばれると、大きな声で「はい」と返事をして起立。新入生をダイヤモンドの原石に例え、日々の努力で光り輝くことを誓う「金剛石の歌」を歌った。

  新入生を代表して東京都出身の田中琴之(ことの)さんが「清く正しく美しくの教えを守り、立派な舞台人になれるよう精進します」と決意の言葉を述べた。
生徒はダンスや歌を2年間学んだ後、宝塚歌劇団へ入団する。


 新入生は、男役は髪をリーゼントカットに、娘役は三つ編みにして登場。名前が読み上げられると「はい」と大きな声で返事をし、背筋をピンと伸ばした。

 

予科生として1年目のレッスンに入る40人は、実業家で元モデルの君島十和子さんの長女、君島憂樹さんらがいる2年目本科生からバッチを胸に着けてもらうなどし、出迎えられた。

伊木常雄校長は式辞で「全員が宝塚歌劇の伝統の継承者であり、大きな使命を担っていることを自覚してほしい」と述べた。
 
 入学式では伊木校長のあいさつに続き、角和夫理事長が、現役最長トップ、星組の柚希礼音を見習うよう祝辞で述べた。
 
 「5月10日をもって退団する柚希礼音さんは、バレエ、ダンスが得意で、歌唱力には難があり、(同校卒業時には)成績は1番ではなかった。しかしながら、彼女は懸命に努力し、素晴らしいトップ、舞台人へと成長された。どうか皆さんにも精進を忘れないで励んでほしい」
 
 平成以降では和央ようかに次ぎ、2人目の在位6年超えで退団する柚希を引き合いに、ゲキを飛ばした。
 
 式典後には、娘役志望の田中琴之(たなか・ことの)さんと芹澤佳夏(ぜりざわ・けいか)さん、男役志望の龍田実可子(たつた・みかこ)さんと美和優理花(みわ・ゆりか)さんら、成績上位4人が取材に応じた。
 
 龍田さんは姉の芹尚英(せりな・えい)が101期として、今月24日に初舞台を控えており、姉妹そろってのタカラジェンヌを目指す。龍田さんは、角理事長が目標にあげた柚希にあこがれ「宝塚の生徒としてのスタートラインに立てた喜び、その気持ちを忘れずに努力したい。パワーは誰にも負けません。さまざまなジャンルのダンス(の授業が)楽しみです」と目を輝かせていた。
 
 40人は2年間、ダンスや日本舞踊、演劇などの厳しいレッスンを積み、再来年の初舞台をを目指す。