春夏秋冬ある日の日記 

季節祭・催事・日々の出来事・話題やお役立ち情報・雑感などをつづっています。


スポンサーリンク

東根市のサクランボ観光果樹園4/24オープニングセレモニー

 東根市のサクランボ観光果樹園オープニングセレモニーが24日、同市の神町りんご研究所で行われ、全国に先駆けてサクランボ狩りシーズンが幕を開けた。


サクランボ観光果樹園がオープン - YouTube


 ハウス内では、主力品種「佐藤錦」を中心とした実が赤く色付き、出席した関係者約30人が初夏の味を堪能した。近くの神町幼稚園の年長児12人も招待され、「サクランボがいっぱい」と笑顔。もぎ取りを楽しみ「甘くておいしい。もっと食べたい」と。園主は「生育が例年より1週間ほど早く、品質も上々。既に問い合わせも相次いでいる」と話した。

 

  セレモニーではオープニング宣言のほか、果樹王国ひがしねプリンセスに決まった4人への認定証授与も行われた。

 

  サクランボ狩りが楽しめる市観光物産協会加盟の観光果樹園は25カ所で、うち10カ所は温室栽培。この日は温室栽培の3カ所がオープンし、他の果樹園も順次開園する。6月中旬からは露地物も楽しめるという。同協会は今シーズン、20万人の来園を見込む。

 

  入園料は温室(20分)が小学生以上4千円、3歳以上小学生未満2千円、露地(60分)は小学生以上1600円、3歳以上小学生未満千円。問い合わせは同協会0237(41)1200。

 

●ひがしねプリンセスに4人決定 土田市長に抱負語る

  2015年度の東根市の観光親善大使「果樹王国ひがしねプリンセス」が決まり、市役所で22日、土田正剛市長に抱負を語った。

  プリンセスはJAさくらんぼひがしね職員の鈴木彩萌さん(22)と、いずれも市職員の伊藤千尋さん(27)梅津遥さん(25)武田美桜さん(24)の4人。1年間、県内外のイベントなどで東根をPRする。

  4人は「農家の方々が愛情込めて育てた果実を全国に明るくPRしていく」「多くの人に東根の魅力を発信していきたい」などと意欲を語った。土田市長は「1年間、笑顔で頑張ってほしい」と激励した。

  市内各機関・団体の推薦に基づいて市観光物産協会がプリンセスを決めた。24日に市内で行われるさくらんぼ観光果樹園のオープニングセレモニーでお披露目が行われる。
 

 ●東根市

東根市(ひがしねし)は、山形県中央部にある人口約4万7千人の市。県内で人口が増加している唯一の市町村である。

サクランボやリンゴをはじめとする果樹の栽培が盛んで、果樹王国として全国的に知られ、サクランボの生産量は日本一。自衛隊や空港、鉄道網、新興住宅が相次いで設置され、県内では唯一多くの労働力を必要としている自治体である。出生率は1.66、市民所得は324.6万円といずれの数値も県内自治体では最も高い。

県内の周辺市町村などからの移住者を中心に同市への定住者を増やしており、県内で唯一人口増加している。1999年12月に新設されたさくらんぼ東根駅周辺を中心に新たな『東根都市圏』を中心に、新市街地ができており、農、工、商ともに発展を続けている。なお、サクランボの主要品種である「佐藤錦(さとうにしき)」は東根市で生まれている。

山形県東根市は「ふるさと納税」全国・PVランキング【8位】 です。

57,292PV
人気のさくらんぼ「佐藤錦」は、東根市が発祥の地。1912年、東根市の佐藤栄助氏によって品種改良され、その功績を称えて「佐藤錦」と名づけられたそう。

村山地方の北部の北村山に位置し、北は村山市、南は天童市と接し、東は奥羽山脈があり、それを越えると宮城県仙台市である。明治以前は 出羽国(後の羽前国)村山郡であった。


 観光
自然東根の大ケヤキ(国の特別天然記念物、1957年(昭和32年)9月11日指定)
イバラトミヨ生息地(県指定天然記念物、1986年(昭和61年)4月1日指定)
東根の大滝(関山の大滝、迫力のある大きな滝)
歴史・文化普光寺(龍興寺)の鐘((正平11年(1356年)在銘、山形県指定有形文化財
大森山の磨崖仏(大森山南麓にある、県内最古の磨崖仏。鎌倉時代末期の作と推定されている。)
仏心寺の大仏(沼沢の仏心寺にある木造釈迦如来坐像。正徳5年(1715年)作。山形県指定有形文化財
長瀞城跡 (特に指定なし。城郭ファンが訪れる)
イベント東根元旦マラソン (毎年1月1日開催。8km、3km、歩いて3kmコースがある。)
さくらんぼマラソン大会 (毎年6月上旬に陸上自衛隊神町駐屯地周辺その他で開催)
ひがしね祭 (毎年8月10日11日市役所周辺その他で開催)
最上川舟唄全国大会(毎年9月に開催)
ひがしね湯けむり映画祭 (毎年秋に開催。場所「さくらんぼ東根温泉」)
東根市総合文化祭 (毎年秋に開催。場所「さくらんぼタントクルセンター )