春夏秋冬ある日の日記 

季節祭・催事・日々の出来事・話題やお役立ち情報・雑感などをつづっています。


スポンサーリンク

5月1日はメーデー でもね♪~休みではないんです

メーデー(May Day、直訳すれば「5月の日」)は、世界各地で毎年5月1日に行われる祭典である。ヨーロッパでは夏の訪れを祝う日である一方、労働者が統一して権利要求と国際連帯の活動を行う日でもある。


① 5月1日,国際的に行われる労働者の祭典。1886年5月1日のアメリカ労働者の8時間労働制要求の示威運動に発し,89年の第二インターナショナル創立大会で正式に決定。日本では1920年(大正9)に第一回が行われ,36年(昭和11)に禁止され,46年に復活。五月祭。メイ-デー。 


② ヨーロッパの伝統的な春の訪れを祝う祭。通例5月1日に行われ,広場に立てたポールの周囲で踊ったり,「五月の女王(メイ-クイーン)」を選んで花の冠を被せたりする。五月祭。
 

概要
メーデー」とは本来五月祭を意味し、この日に夏の訪れを祝う祭がヨーロッパの各地で催されてきた。この祭では労使双方が休戦し、共に祝うのが慣習であったが、これが近代に入り現在の「メーデー」へと転化し、今日の「労働者の日」メーデーが誕生した。

 

労働者の日としてのメーデーは、1886年5月1日に合衆国カナダ職能労働組合連盟(後のアメリカ労働総同盟、AFL)が、シカゴを中心に8時間労働制要求(8-hour day movement)の統一ストライキを行ったのが起源。 1日12時間から14時間労働が当たり前だった当時、「第1の8時間は仕事のために、第2の8時間は休息のために、そして残りの8時間は、おれたちの好きなことのために」を目標に行われた。