春夏秋冬ある日の日記 

季節祭・催事・日々の出来事・話題やお役立ち情報・雑感などをつづっています。


スポンサーリンク

コンパクト台風6号 温帯低気圧に変わった後も暴風・高波・大雨に警戒

台風6号 温帯低気圧に変わった後も暴風・高波・大雨に警戒


12日午後5時の台風6号の位置と今後の進路予想。


 台風6号は、今夜には四国沖から紀伊半島の南で温帯低気圧に変わる予想だが、13日明け方にかけては、近畿~東北地方にかけて非常に強い風が吹く見込み。暴風や高波、低い土地の浸水、河川の増水に警戒が必要だ。
  
  台風6号は12日午後5時には、四国の南の海上を1時間におよそ75キロの速さで北東へ進んでいるとみられる。高知県長岡郡本山町では、午後3時までの1時間に53.5ミリの非常に激しい雨が降り、5月としては1位の記録を更新


台風6号 温帯低気圧に変わった後も暴風・高波・大雨に警戒


12日夜の雨の予想。


 台風は今夜には、四国沖から紀伊半島の南で温帯低気圧に変わり、13日明け方にかけて東日本を北東に進む予想となっている。温帯低気圧に変わった後も、13日明け方にかけては非常に強い風が吹く見込みで、暴風や高波、大雨には引き続き警戒が必要だ。
  
  近畿~東北では、13日明け方にかけて暴風となり、海は大しけとなる。また、近畿と東日本太平洋側は、13日明け方にかけて1時間50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込み。
  
  【予想される最大瞬間風速(~13日)】
   近畿、東海、関東甲信 35メートル
  東北         30メートル
  
  【予想される波の高さ(~13日)】
   近畿、東海、伊豆諸島 6メートル
  関東、東北      5メートル

 【予想される雨の量(~13日夕方、多い所)】
   東海    150ミリ
  近畿    120ミリ
  関東甲信  100ミリ

 

■台風6号の進路予想(午後1時現在)

 土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、また落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要だ。


 台風6号は速いスピードで日本列島に近づいており、12日夜遅くには、近畿から関東にかなり接近、上陸するおそれもある。

  台風6号は12日午後1時現在、暴風域を伴いながら、九州の南を北東へ進んでいる。台風の動きは非常に速く、午後6時には四国の南、午後9時には紀伊半島付近へ進む見通し。弱まりながらも、近畿から関東に接近し、上陸するおそれもある。また、コンパクトな台風のため、急に、雨と風が強まるので注意が必要。

  予想される最大瞬間風速は、奄美地方で45メートル、九州南部・近畿・東海・関東甲信・伊豆諸島で35メートルで、海上は大しけとなりそうだ。また、予想される雨量は13日昼までに多いところで、東海180ミリ、近畿150ミリ、九州南部120ミリ、四国・関東甲信100ミリ。暴風や高波、大雨などに警戒が必要。.