読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春夏秋冬ある日の日記 

季節祭・催事・日々の出来事・話題やお役立ち情報・雑感などをつづっています。


スポンサーリンク

鹿児島県の奄美地方が全国で最初の梅雨入り 平年より8日遅い

ニュース・話題 自然 社会 生活 

気象庁は19日午前、鹿児島県の奄美が、梅雨入りしたとみられると発表した。

今年では全国で最初。平年は5月11日で、昨年の5月5日より2週間遅かった。沖縄地方も近く梅雨入りするとみられる。

 気象庁によると、九州の南には中国大陸から日本列島にかけて、長い前線が延びている。この前線が今後、奄美や沖縄付近に停滞することから、雨や曇りの天候が続くと判断した。

 奄美の梅雨明けは平年が6月29日で、昨年は7月4日だった。


■奄美地方が梅雨入り 平年より8日遅い


 19日午前、鹿児島地方気象台は「奄美地方は梅雨入りしたと見られる」と発表した。平年より8日遅く、昨年より14日遅い梅雨入りとなった。奄美地方の梅雨入りが平年より一週間以上遅れるのは、2009年以来6年ぶりとなる。

  奄美地方では、けさから雨が降り続いていて、雨脚の強まっている所もある。今後もしばらくは曇りや雨のぐずついた空模様が続く見込みだ。奄美地方の梅雨明けの平年は6月29日頃となっている。

■沖縄より早く…奄美地方が梅雨入り


 気象庁は19日、鹿児島県の奄美地方が梅雨入りしたとみられると発表した。9年ぶりに、沖縄より先の全国で最も早い梅雨入りとなった。

  奄美市では朝から小雨が降り、青々とした草木には水滴がついていた。気象庁によると、奄美地方は今後1週間、曇りや雨の日が多くなる見込みで、午前11時に梅雨入りしたとみられると発表した。これは平年より8日、去年より2週間遅い梅雨入り。また、2006年以来、9年ぶりに沖縄より先の全国で最も早い梅雨入りとなった。

  平年の奄美地方の梅雨明けは6月29日頃で、奄美地方の今年の梅雨の期間の雨量は平年並みだという。.