春夏秋冬・喜怒哀楽 今日の私のココロ模様

季節祭・催事・日々の出来事・ニュース・話題やお役立ち情報、喜怒哀楽的・雑感などをつづっています。

スポンサーリンク

雪が降ってきた・・・♪~なごり雪かしら♪~

今朝、雪が降りました。

 

外は桜が8分咲きです。

 

みちのくではよくあることです。

 

入学式に、桜が咲き、雪が降る。

 

これが「なごり雪」でしょうねとお隣の奥さんと話した。

 

☆彡なごり雪 イルカ「イルカはいるか?」


www.youtube.com

2-3日前にスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに変えました。

 

 

心ウキウキと言いたいところなんですが杜の都は只今新型コロナウイルスの患者が急増しています。

 

つて最近まで10万人当たりの患者数がワースト一位だったのです。

 

新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、大阪府兵庫県宮城県の3府県で「まん延防止等重点措置」(まん防)を適用することが4月1日に決まったのでした

 

従って肩身の狭い思いをしています。

 

我が家では家でもマスクしています。

 

家族の食事会もなしです。

 

生きたい人は個人としていくように決めました。

 

今まで和気あいあいと言ってましたが、えらい違いです。

 

家族の木綱はどうなるのでしょうか。

 

季節は確実に移り変わっているので、新型コロナウイルスも異種にかわっているようです。

 

より狂暴になっているようです。

 

ワクチンの案内は来ましたが早くて5月からのようです。

 

もう昔に戻れないようです。

 

"自然に帰れ"

 

何事もないのが幸せなんですね。

 

 

 

 

「まん延防止等重点措置」とは?

まん延防止等重点措置」は、2021年2月に成立した新型コロナ対策の改正特別措置法で新設された。厚生労働省の資料によると、一部地域における感染の急拡大を封じ込めることが目的であり、ステージⅢ相当である他、感染拡大の状況を勘案して適用される。

ステージⅣが適用の目安となる緊急事態宣言は、都道府県単位で発令されるのに対し、まん防では、知事が市区町村を指定し、特定の地域に対し措置を講ずることができる。

 

店内放送に矛盾有!

ある日、久しぶりにある百均のお店に行きました。

 

店内放送を何気なく聞いていると、何か変だなあと思いました。

 

内容は次のようなものでした。

 

「省エネでやっているので、マスクはしてね、店員には、質問はしないでください。少人数で来店してください。買い物が終わったら速やかに退店してください。」

 

フムフム・・・・。

 

ナぬ~・・・。少しカチンときました。

 

このお店に有るか無いかかわからない品物なのに、質問するなという。

 

これも新型コロナウイルスの対策なのでしょうかね。

 

店員に質問もしないで探すのは困難なのです。

 

一人で探すと、時間がかかるのです。それなのに早く済ませろでしょ。

 

矛盾してませんか?

 

でもね~私はオバタリアンなのです。

 

そんな放送には、聞こえないふりして、どんどん聞きまくりました。

 

なんと店員さんは親切丁寧に教えてくれるではあ~りませんか。

 

お蔭様でいい買い物ができました。

 

ナーんだ、質問してもいいんじゃないの。

 

「単なるお願いだったの。ネ」

 

それから何事にもめげずに生きていくオバタリアンなのでした。

 

めでたしめでたし。

 

 

何事もため込んではダメ♪~、川の流れの様に?

 

我が家は築30数年の田舎の一戸建てです。

 

先日来、トイレや洗面所からどぶ臭いにおいがしてきているような気がしました。

 

消臭スプレーでその都度処理していましたがなかなか改善しません。

 

ある日ついに、トイレの水がうまく流れなくなりました。

 

水は流れ、溢れはしませんが、トイレットペーパーが残ってしまいます。

 

SOS~?

 

いよいよ下水管かなあと思い、全身重装備の支度をしました。

 

帽子をかぶり、マスク、今流行りのフェイスシールド、ツナギ、ゴム手袋でスタイルは完璧です。

 

 

排水蓋を恐る恐る開けてみました。

 

案の定、汚物がたまっていました。

第一段階、スコップで救い上げました。

ごっそりたまっていたんですね。バケツ三分の一ほどありました。

 

次にどこまで詰まっているか調べるために、次の下水蓋を開けてみました。

 

するとどうでしょう何やら木の根っこが下水管の出口をふさぐように絡みついているではありませんか。

 

そこにトイレットペーパーらしきものが詰まっていたのです。

まいりましたね。

 

さっそく刈込鋏で木の根っこを切り取りました。するとスルスルーと流れ出しました。

やれやれ、今日は、比較的簡単に終わりました。 これでしばらくはOK♪~、やったね♪~。

 


 でもね~、

それから1週間ほどしたらまた詰まり始めました。

 

詰まったところは先日と同じ個所です。下水管の出口は何ともないのです。

考えられることは今度は下水管の途中が詰まっているのでしょう。

 

 そこでかねてから用意してあった秘密兵器「パイプクリーナー ワイヤー 10M」を下水管に差し込んでぐるぐる回してみました。

 

 

するとものの1分もたたないうちに、水が流れてきました。

 

成功です。やったね♪~。

 

原因は途中で何か詰まっていたんですね。

 

秘密兵器「パイプクリーナー ワイヤー 10M」は優れものです。

 

軽度の場合には「パイプ洗浄剤 ピーピースルーF 600g (業務用排水管洗浄剤)」が評判がいいようです。

 

これにて、一件落着、めでたし、めでたし~。

 

これからは定期的にやらないとだめですね。

 

体や心もそうですが、何事もため込んではいけませんね。

 

ため込んではダメ♪~

 

ああ 川の流れのように♪~

 

 

しばらくは何事もないことを祈ります。

 

私祈ってます♪~


わたし祈ってます 敏いとうハッピー&ブルー 1974

 

大雪でも楽しむ人がいる

今年2021年は雪の多い季節となりました。

 

我が庭にも20-30センチほど積もっています。

 

毎朝雪かきで腰が痛くなるほどです。

 

もういらないと思いますが、人の気も知らないで降り続けます。

 

でもね~、楽しんでいる人たちもいますね。

 

学校帰りの子供たちが雪だるまを作ったり、雪合戦をしたり、そり遊びをしています。

 

私も子供の頃は雪が降ると楽しくなったものです。

 

大人になってもスキーができて楽しくなった記憶があります。

 

何事もプラスの面とマイナスの面がありますね。

 

犬は喜び、猫はこたつで丸くなる♪~


【♪日本の歌・唱歌】雪 ー ♪ゆきやこんこ あられやこんこ〜〈振り付き〉

 

 

 

 

 

今年二千二十一年は雪の多い季節となりました。

 

我が庭にも20-30センチほど積もっています。

 

毎朝雪かきで腰が痛くなるほどです。

 

もういらないと思いますが、人の気木も知らないで降り続けます。

 

でもね~、楽しんでいる人たちもいますね。

 

学校帰りの子供たちが雪だるまを作ったり、雪合戦をしたり、そり遊びをしています。

 

私も子供の頃は雪が降ると楽しくなったものです。

 

大人になってもスキーができて楽しくなった記憶があります。

 

何事もプラスの面とマイナスの面がありますね。

 

犬は喜び、猫はこたつで


【♪日本の歌・唱歌】雪 ー ♪ゆきやこんこ あられやこんこ〜〈振り付き〉

丸くなる♪~

 

 

 

 

青いミカン美味しいかな? 今はもう秋・・・

今日スーパーに行って食料品の買物をした。近場なので歩いて行った。

 

青々としたミカンが袋詰め放題で390円というのが目に付いた。

 

さらに熊本産である。

 

恩送りにちょうど良いと思い買ってみた。

 

知り合いもいるが、東日本大震災の時にボランティアできてた人が熊本の人だった。

 

これで熊本の被災者の人に恩送りができたね。

 

 まだ青いので少し酸っぱいかなと思って口に入れてみると、これが甘いのです。

 

美味しい♪~。


熊本地震から4年 修復作業続く熊本城をドローン撮影

 

食べ物もそうだが、人も人生も味わってみないと分からないものだと思った。

 

 さらに今日は焼肉野菜炒めをしようと思い、グラム178円のアメリカ産の牛ちゃんのロースを買った。

 

ミックス・カット野菜一袋190グラム98円を買った。

 

ここでいつも思うことだが地場産品が一つもないのが残念だ。

 

因みに

キャベツは群馬県産、もやしとピーマンは岩手県産玉ねぎとニンジンが北海道産である。

 

本来ならば全て地元で間に合うはずだ。

 

寂しい。

 

スーパーの都合があるのだと思う。

 

でも「まっ、いいか」と納得しておしまい。

 

今まで半そで生活だったのが長そでになった。

 

やはり暑さ寒さも彼岸までの言葉通りである。

 

今はもう秋♪~


♫誰もいない海 昭和の歌。もう秋、誰もいない海!歌詞付き

 

山では紅葉が始まっている。

 

スポンサーリンク  

 

☆彡新型コロナウイルス新たに確認された感染者数 9月29日 23:59 時点 全国合計532人

ごきげんよう♪~

安倍晋三首相が辞意表明! 難病「潰瘍性大腸炎」と戦っていた? お疲れさまでした。

新型コロナ感染症対策の整備が急がれる中、安倍晋三首相が辞意表明した。

7年半におよぶ長期政権を築いた安倍晋三首相の突然の決断

安倍首相、辞任「月曜日に自分一人で判断した」

時折、沈黙し、声はかすれた。「反省する」という言葉を何度も口にした。28日午後5時から首相官邸で開かれた安倍晋三首相の記者会見。第1次政権に続き、再び任期途中で政権の座を降りる無念さがにじむ会見だった。

 ただ、森友・加計学園の問題、桜を見る会の問題など、首相自身や妻の昭恵氏をめぐる疑惑について、最後まで真摯(しんし)な説明はなかった。「説明ぶりに反省すべき点はあるかもしれないが、(政権を)私物化したことはない」。そう答える様子は、繰り返される質問に対してうんざりするような表情にも見えた。

 異例の長期政権の「負の遺産」として、公文書改ざん問題や官僚たちの過剰な忖度(そんたく)が指摘されてきた。この日の会見でも、財務省の公文書改ざんをめぐって十分な説明責任を果たしたのかを問う質問が、記者団からあった。首相は「国会で長時間、答弁した。十分かどうかは国民が判断するのだろう」と語るにとどめた。

 「負の遺産」とされる部分が次の政権に引き継がれることのないよう、首相にはもう少し真正面から受け止め、答えてほしかった。政権の重圧から放たれて力の抜けた感じの記者会見で、外交・安全保障や憲法改正など様々な質問に答えた首相だったが、肝心の「疑惑」に対しては最後までうやむやなままだったように思える。

 

◆「現場の思いを反映した施策はなかった」「もっと早く身を引くべきで遅きに失した」「しっかり対策を取れる人がやった方がよかった。タイミングが遅すぎる」。

人手や物資の不足に苦しみつつ、対応してきた医療従事者らからは冷ややかな声が相次いだ。 

 クリニックではマスクや消毒液が足りなかった4~5月も診察を継続。「全世帯向けにアベノマスクを配るのではなく、少しでも支援してほしかった」と振り返る。

◆菅義偉官房長官は6月1日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大防止のため全世帯へ布マスクを配布する費用に関し、契約額の総額が約260億円になると明らかにした。政府はこれまで配布経費を466億円としてきたが、大幅に圧縮される見通しとなった。

 菅氏は、5月29日時点で布マスク約4800万枚が配布されたと説明した。政府はこれまで5月中に約1億3千万枚を配布する目標を掲げていたが、完了時期を6月中旬に延期している。

 布マスク配布に関する契約額のうち、マスク調達費は約184億円。このほか配送費などで約76億円が見込まれるという。

直近ではアベノマスクの契約額の総額が約260億円になるという。

それだけあればPCR検査はもっとやれたはずだし、高熱・インフルエンザ・新型コロナウイルス医療専門のクリニックぐらいは立てられたはずだ。

又医療関係者への賃金もプラスして払えたはずだ。

結果的に国民の税金の無駄遣いに終わった。

いったい誰がこんな愚策を考えたのだろうか?

良識ある人は思いつかない。

そこで旗と思い当たった。

先ごろ発表されたことに思い当たった。

安倍晋三首相は難病の「潰瘍性大腸炎」で日ごろから苦しんでいたということ。

ならば数々の政策の不適切さが頷ける。

いろいろと不満もあるが、よくぞ決心されたと思う。

ご苦労様でした。

ゆっくり静養してほしいと願うばかりです。

 

◆安倍晋三首相が患ったとされる難病「潰瘍性大腸炎」

安倍晋三さんが潰瘍性大腸炎を発症したのは17歳のときだったと明かされています。

安倍は17歳のときに潰瘍性大腸炎を発症した。自民党国体副委員長となり、食事ができずに三ヶ月入院して点滴の日々で体重激減した頃が、最も症状が重かった。このとき、「癌でこの先長くない」という噂も流れる。妻の昭恵をはじめ、病名を公表すべきとの意見もあったが、安倍は、官房副長官時代の2000年に症状が出て以降は、幹事長・官房長官などの激務にも体調は万全だったため、2007年8月の段階までは病気を克服できたと判断していた。

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜に炎症が生じ、潰瘍やびらん(ただれ)ができ、下痢や粘血便(血液や粘液、ウミなどが混じった便)が起こる病気です。これまでは、根本治療のない難病で、一度かかると一生治らない病気と考えられてきました。しかし、徐々にその病態が明らかになり、様々な治療法が開発され、いまでは難病と考えられなくなりました。

原因は未だよく分かっていないとされています。ただ、人間の免疫機構の「免疫異常」による説が有力視されているとされているようです。

重傷度により、軽度~劇症まで4つの段階に分類されます。

 

①軽症=  下痢の回数が一日4回以下で血便の程度が軽く、全身症状がない
②中等症= 軽症と重症の中間
③重症=  下痢の回数が一日6回以上で血便の程度が強く、37.5℃以上の発熱、貧血などの症状がある
④劇症=  下痢の回数が一日15回以上の血性下痢、38℃以上の発熱、白血球数の異常をしめすもの

 

スポンサーリンク